mekabu’s diary

 「プログラミングってよくわからない...」「アプリってどうやって作るの?」「電子工作、できるかな...」

鈴木の研究活動報告①

ほそぼそと活動を続けているmekabu。

 

メンバーが個々に新しい研究を始めたり、イベントに参加したりと、

2017年も実は忙しくしていました。

 

わたくし鈴木が、最も力を注いだテーマは、

ニューラルネットワーク写像について!

 

f:id:nwu-mekabu:20171229221331j:plain

試行錯誤中の黒板😂

ニューラルネットワークとは、人間の脳内の神経回路網をコンピューター内に表現することを目指した数学的なモデルのことなのですが、

 

このニューラルネットワークがもつ、中間層を多層にしたものがディープラーニング(深層学習)と呼ばれるもので、最近この手法を用いた人工知能研究が大きな成果をあげています。

しかし、このディープラーニングは理論的に説明されていない部分が多くあると言われています。

 

そこで、私たちは、ニューラルネットワーク

“座標空間から座標空間への写像を合成したもの”

とみなし、このような写像の性質を調べて、数学的な観点から、ニューラルネットワークとはなんたるかを追求していこう、という試みをこの1年間行ってきました。

 

1年間と言いつつも、「方向性が見えてきたか?」と思ったのは、暑さもひと段落し、夕方に吹く風が気持ちよく感じられるようになった頃。

 

まだまだ私の中で始まったばかりの研究ですが、今年はこのテーマでサイエンスインカレに応募することにしました。

 

締め切りギリギリまで計算をしたり、文献を読み返してみたり、いろんな角度から足掻いてみたものの、納得のいく結果にはならず…。

 

それでも、毎日眺めたシグモイド関数と、シグモイド関数を適応させたあとに出てくるグラフの形に愛着が湧くほどには、楽しみながら取り組めました。

f:id:nwu-mekabu:20171229221547j:plain

サイエンスインカレに向けて書類作成中

 

(でも、もっともっと時間をかけて、グラフを見たら吐き気がするくらい研究とにらめっこしないと、結果は出ないんだろう(。-_-。) )

 

ニューラルネットワークはもちろん、日々進化するAI技術。

 最先端技術を追い越すことはできませんが、

まだ誰も見ていない角度から掘り下げれば、何かしら形を残せるはず。

 

道草をくうのが大好きな私ですが

大きな心で見守ってくださっている先生に感謝です。

 

そろそろ2018年がやってきますが、知識欲が爆発している私に正月休みはありません。

初夢はEscherのAnother Worldかな〜

mekabuは生きています!!!

こんにちは!

梅雨が近づく6月上旬。今のうちに太陽をいっぱい浴びておかないとですね~

mekabuメンバーは一人が新社会人に。二人は大学4回生となりました。

 

さて、そんなmekabuⅡ。情報発信を完全に疎かにしておりました。

2016年度の活動をダイジェストでお伝えします!

 

7月上旬奈良女子大学合宿所にて1泊2日の合宿を実施.

この合宿ではArduinoを使った電子工作やスマートフォンアプリ制作のためのプログラミングの勉強と、その初歩的な実践を行いました.またセンサーホモロジカルネットワークの論文について、勉強会を行い、理解を深めました.

f:id:nwu-mekabu:20170605121841j:plain

 

8月上旬:東京で行われたヘボコンのワールドチャンピオンシップに出場&maker faire Tokyoを視察.

 f:id:nwu-mekabu:20170605121909j:plain

ヘボコンは世界大会とあって国際色豊かな面白い大会でした.ロボットコンテストですがヘボさを競っているのでわきあいあいとした雰囲気があり、失敗に価値を見出すというものづくりの在り方を教えてもらいました.maker faireではものづくりの最先端を肌で感じることができました.

 

11月下旬:科学の祭典奈良大会に参加.

「子どもたちに上昇気流を見て感じてもらおう」というコンセプトで、手の熱による上昇気流で回る風車の製作や視覚的に上昇気流を体感してもらう演示を行いました.

子どもたちはもちろん、保護者の方たちにも楽しんでいただくことができ、私たちにとって、大学の学びを地域の方々と共有する第一歩となりました。

 

f:id:nwu-mekabu:20170605122134p:plain

 

11月下旬:7月から継続していた研究を論文「センサーネットワーク被覆問題~Silva-Ghrist の定理のある拡張について~」としてまとめ、サイエンス・インカレに提出しました。

f:id:nwu-mekabu:20170605122226p:plain

12月~3月:サイエンス・インカレの一次審査には通過できなかったものの、同研究を継続. 研究の難しさと面白さをはじめて知ることができました。

 

 

3月上旬:第3回合宿と「サイエンスワークショップinけいはんな」へ参加.

第3回合宿は、センサーネットワークの研究とその発表準備を京都の町屋で行いました。

f:id:nwu-mekabu:20170605121947j:plain

サイエンスワークショップでは、SF作家の瀬名秀明さんとパネルディスカッションを行ったり、マイクロソフトソフトバンクの方の講演を聞いたりしたことで、「私たちと人工知能の未来」について、深く考える機会になりました。f:id:nwu-mekabu:20170605122309j:plain

f:id:nwu-mekabu:20170605122313j:plainf:id:nwu-mekabu:20170605122258p:plain

 

 

 

3月下旬:mekabu研究活動報告会を実施.

f:id:nwu-mekabu:20170605122439p:plain

「自分たちの研究内容を一般の人にもわかりやすく伝えられるようになる」ことを目標に、プレゼンテーションを行いました。サイエンスワークショップinけいはんなで学んだことも発表し、報告会参加者と活発な意見交換をすることができました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ということで、いろいろやってたんですね~。てっきりめかぶさん、干からびてるのかと思いましたよ。

mekabuⅡ、卒業したメンバーにも、どや!って言えるように、今年度もがんばります。最近やってるPythonを使ったDeep learningについてもぼちぼち紹介していきますね♪

お楽しみに!

 

まだかな、まだかな?サイエンス・インカレ

 

こんにちは!めかぶの鈴木です。

気づけば2017、、みなさんいかがお過ごしですか?

 

年末から更新が途絶えていましたが、めかぶは健在です!

これまでの活動報告をドドーっとしていくので、よろしくお願いします^^

 

まずは気になるサイエンスインカレに向けた研究活動。

f:id:nwu-mekabu:20170118115548j:plain写真は、論文提出前日の模様。

 

詳細はかけませんが、研究のキーワードは、

 

<センサー 被覆問題 ホモロジー群 位相幾何学

 

どうだ、ゾクゾクするだろ~??

 

力を合わせて完成させた資料は、全13ページ。

今、厳正なる審査がなされている最中です...結果が待ち遠しい...

 

一時審査を通過できれば、筑波で行われるサイエンスインカレに出場することができます!

もし、だめでも...ここまでの結果を無駄にはしたくない!

今年度も研究を続ける予定です。

 

引き続き、報告をお待ちください!!!

サイエンスインカレ、エントリー!

ひゅーー。

 

マフラーぐるぐる巻き、奈良も冬本番かと思いきや、

この週末は暖かく紅葉日和でしたね☺️

f:id:nwu-mekabu:20161114024931j:plain

 

奈良女子大学のキャンパスはなんでこんなに美しいのでしょう!!笑

 

 

さて、この週末、mekabuは一段上のステージへ

しっかりと一歩を踏み出しました!

f:id:nwu-mekabu:20161114021930j:plain

 

 そう、サイエンスインカレのエントリー完了です!!

 

しかし、エントリーでは出場の意思を示したに過ぎません。

研究内容をしっかりまとめて提出するまで、まだまだ気が抜けない。。

 

とくに今週一週間は、

科学の祭典準備もあるから大忙し!😂

 

これまでの研究過程と結果をまとめつつ、

さらに先へ先へ!めかぶがんばるぞー 

 

 

 

 

上昇気流の風車作り!!!

こんにちは。うえすとです

センサーネットワークの自主研究と並行して来月に参加する『科学の祭典』というイベントの準備もしています。同時に2大企画ということで11月はえらいことになりそうです

 

mekabuを立ち上げてから初の子供たちと関わる活動です。できるだけ楽しんでもらえるようにと大きいお姉さん達は試行錯誤しております・・・

 

f:id:nwu-mekabu:20160930111851j:plain

今回の企画のテーマは以前の記事にもあったように上昇気流です。身近な現象ですがやってみるとすごく面白い。元理科嫌いの私も手の熱による上昇気流で風車が回ったのを見たときは感動しました。

しかし実際作ってみるとシンプルな構造ながらなかなか回りません。

f:id:nwu-mekabu:20161019142029j:plain

f:id:nwu-mekabu:20161019142046j:plain

f:id:nwu-mekabu:20161019152416j:plain

↑のボタンの様なものは(鞄などについているあれです。正式名称が出てこない。。)

棒と紙が接する空間を作ろうというもくろみのために購入しました

 

紙も画用紙から和紙まで、棒もつまようじ、ピック、シャーシン、割り箸等々と試してみましたが思うようにはいきません。

f:id:nwu-mekabu:20161019152428j:plain

・・・動かない

今日は紙の大きさ、折り方そして中心の棒を添える部分の金具などを変更、追加しながら工作してました。回っているような回っていないような微妙な感じ

 

しかし手の上で回らないからと頭にのせてみたらこれが目が覚めるくらいまわりました・・・・!!

 

f:id:nwu-mekabu:20161019153634p:plain

(゜゜ )!!いや静止画じゃわからんですよね!これじゃ頭にのっけて遊んでる人ですが、実際回っています。技術不足でして。。今度動画あげます

風車の構造だけじゃなく熱の量と温度も大事みたいです 

まだまだ楽しく粘っていきたいと思います

数学、楽しいじゃん(笑)

すっかり秋になりましたね。奈良女子大学の木々も色づき始め、金木犀のいい香りに癒されている今日この頃。

サイエンスインカレのエントリー締め切りまで1ヶ月をきりました!

 

女子大生の秋は忙しい、、食べたいもの見たいもの買いたいものが多すぎる。

が、そこは雑念を振り払い、ここ数日はセンサーネットワークに関する自主研究を行っています。

f:id:nwu-mekabu:20161019115921j:plain

 

これは、帰納法を使って、証明をしているところ。

 

数学って、細かくてややこしくて苦手意識があったけど、

自分たちで作った命題を証明するってすごく面白い!

 

f:id:nwu-mekabu:20161019120839j:plain

 

これは、命題を作っているところ。

頭の中だけじゃ難しくて、こんなものを作ってやってみました。

 

ちょっとずつだけど、研究が形になっていくって楽しい!

まずは書類審査通過を目指して、がんばるぞ!☺️

 

 

 

 

 

 

工作♪工作~科学の祭典に向けて~

 

みなさんこんにちは!秋ですね。

(夏が...終わってしまった...)

秋といえば、めかぶの秋!

 

楽しく工作をしています♪

f:id:nwu-mekabu:20160930105325j:plain

 ※暇つぶしに遊んでいる訳ではありません!

 

青少年のための科学の祭典2016奈良大会

に出展するのです☆☆

テーマは

 

"上昇気流を見てみよう♪感じてみよう♪"

 
   

 

1.参加者へのメッセージ

 

空気はいろんな動きをしているのだけど、あたたかい空気は上にいくことを知っているかな?そんな目には見えない空気の流れを今回は君に体感してもらうよ!

温かい空気の流れについてお姉さんたちが楽しい演示もするから要チェックだ!!!(演示時間 ①10:30〜 ②12:00〜 ③13:30〜 ④15:00〜 各回30分程度)

 

手のひらを触ってみよう。 あったかいよね!

ということは、君の手のひらの上にも温かい空気の流れができているんだ。

 

おねえさんと一緒にオリジナル風車をつくって、手のひらの上でまわしてみよう。

見えない空気の流れがよくわかるよ!

 

f:id:nwu-mekabu:20160930111851j:plain

2 観察・実習上の注意

  お姉さんの説明をよく聞いてね。😊😊 

工作は難しくないよ。一緒に楽しもう♪

 

3.mekabuの活動ブログ

  mekabu’s diary http://nwu-mekabu.hatenablog.com/

 

ってな感じで進めています。

興味のある方は青少年のための科学の祭典2016奈良大会

http://vivaldi.ics.nara-wu.ac.jp/kagaku/

にぜひお越しください!!

 

(楽しいブースにできるように、残り一か月半がんばるぞー(おめめキラキラ~))